So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな悩みをお持ちの方、今すぐしろき法律事務所まで [しろき法律事務所]

    ○ とにかく借金を減らしたい。

    ○ 借金が生活を圧迫している。

    ○ 借金返済のために新たな借金をしている。

    ○ 厳しい取り立てに苦しんでいる。

    ○ 持ち家を失いたくない。

こんな悩みを抱えていつまで苦しんでいるつもりですか?

悩みを抱えたままでは、いつまで経っても何も解決しません。むしろ苦しくなるばかり・・・



しろき法律事務所にご相談いただければ、今日からでも始められる解決方法をご提案します。

先ずは、無料相談までご相談ください。



365日24時間、年中無休で受付しております。ご相談だけなら無料です。

また、過払い金があると思われる方は、無料で過払い金計算をいたします。

お気軽にご相談ください。





しろき法律事務所



共通テーマ:地域

しろき法律事務所の弁護士費用について [弁護士費用]

先ず、債務の相談は無料です。過払い金計算だけなら無料で行います。

今現在、弁護士費用が準備できない方のために後払い分割払いにも対応しております。

ご相談は、365日24時間体制で受け付けております。



  ① 任意整理

    ○ 着手金1社につき、21,000円

    ○ 報酬金1社につき、21,000円

    ○ 減額報酬・・・元金より減額された金額の10.5%

    ○ 過払い報酬・・裁判外の場合・・・返還された金額の21%

             裁判を経た場合・・返還された金額の26.5%




  ② 民事再生

    ○ 着手金・・・・・262,500円

    ○ 報酬金・・・・・262,500円

    ○ 住宅資金特別条項を利用される場合は、追加費用が発生します。



  ③ 自己破産

    ○ 着手金・・・・・210,000円

    ○ 報酬金・・・・・210,000円

    ○ 債務残高が、500万円以上又は10社以上の場合は、追加費用が発生します。



  ④ 過払い金請求

    ○ 着手金1社につき、21,000円

    ○ 報酬金1社につき、21,000円

    ○ 過払い報酬・・・裁判外の場合・・・・返還された金額の21%

              裁判を経た場合・・・返還された金額の26.5%


日当、予納金、予納郵券など、実費は別途必要です。

複雑な案件の場合は、上記に当てはまらない場合もあります。





しろき法律事務所


しろき法律事務所の任意整理について [任意整理]

任意整理は、裁判所を通さず、依頼者の代理人として弁護士が1社1社の債権者と和解交渉を

行い、借金を減額し、減額した借金には、利息を付けずに3年~5年の長期分割で支払いを行

う事を言います。


  【利用条件】

     ○ 借金に苦しんでいる人なら誰でも利用できます。

     ○ 安定した収入のある人なら和解交渉で借金を減額し、依頼人の収入の範囲で無

       理なく返済することが出来ます。

     ○ 原則として3年~5年を目安に返済を行います。

       過払い金を取り戻し、さらに借金を減額することが出来ます。

     ○ 長期間借りている人は、借金がなくなる可能性もあります。

       また、逆に取り戻せる場合もあります。

     ○ 弁護士があなたの代理人となり、毎月の返済金をお預かりし、支払いを代行し

       ます。


貸金業法の改定により、和解交渉に応じない消費者金融も増えつつありますので、今までのよ

うに任意整理というメリットが、無くなる日が近づいているのも確かです。

任意整理を行うなら早いほうが良いかもしれません。

または、任意整理ではなく、民事再生を選択される方がメリットが大きくなる可能性もありま

す。





しろき法律事務所



共通テーマ:地域

しろき法律事務所の民事再生 [民事再生]

住宅などの財産を維持しながら、支払い不能になる可能性がある場合に借金を減額し、一定の

金額を免除して貰う裁判手続きで、残金を3年~5年間で支払うことを言います。

もちろん、通常生活に支障のない生活を送ることが出来ます。



  【利用条件】

     ○ 将来的に安定した収入がある場合。

     ○ 住宅ローンを除く借金が5,000万円以下であること。

     ○ ギャンブルなどの浪費が原因の借金でも可能。

     ○ 自己破産と違って借金が0円になるわけではありません。

     ○ 住宅ローン以外の借金を大幅に減額することが出来ます。

     ○ 原則3年以内(最長5年)で分割返済していきます。

       手続き期間中の資格制限はありません。



  【民事再生のメリット】

     ○ 持ち家などがある場合は、残すことが可能です。

     ○ 任意整理金利カットの和解交渉が難しい現在では、借金圧縮の最良の方法と

       言えます。





しろき法律事務所



共通テーマ:地域

しろき法律事務所の自己破産 [自己破産]

裁判手続きで借金を全て免除してもらえる国の救済制度です。

人生の再スタートを切ることが出来ます。マイナスイメージを払拭してください。



  【利用条件】

      これと言った財産が無く、借金の支払いが出来ない人が利用できます。

      裁判所に破産申し立てをし、破産宣告を受けます。

      特に財産の無い人は、ここで破産手続きを終了させ、引き続き免責の申し立て

      (借金をすべて免除してくださいという申し立て)をします。



  【自己破産の多い勘違い】

      「破産=身包みはがされる?」というイメージがありますが、日常生活は処分対

      象になりません。また、選挙権剥奪や住民票、戸籍に記載されることはありませ

      んし、同居している家族以外に(会社、離れた家族)知られることはありませ 

      ん。



  【自己破産のメリット】

     ○ 免責が透れば、借金が0円になります。

     ○ 他の債務整理と違い、返済期間が無いので、ブラックリストに載っている期間

       が短い場合が多い。


     ※ 他の債務整理の場合

       返済期間(0~5年)+ブラックリスト期間(5~7年)が新たな借り入れ

       出来ない期間になります。





しろき法律事務所



共通テーマ:地域

しろき法律事務所の過払い請求 [過払い請求]

2010年6月の貸金業法の改定により以下のようになりました。

    利息制限法の上限金利

      0~10万円未満・・・・・・上限金利20%

      0~100万円未満・・・・・上限金利18%

      100万円以上・・・・・・・上限金利15%



改訂前は、ほとんどの貸金業者が、出資法の上限金利29.2%で貸し出していました。

罰則規定が無かったため、テレビCMに出ている一部上場企業でもこの金利で貸し出していま

した。しかし、「違法な金利だから本来支払う必要が無い」と全国で訴訟が起こされ、つい

に、2006年1月13日、最高裁判所で利息制限法を超える金利は無効という判決が下さ

れ、過払い金返還訴訟が盛んに行われるようになりました。



    ○ 7年以上、返済を続けている。

    ○ 過去に借金を完済したことがある。

    ○ 20%以上の金利で今も支払いを続けている。

このような方は、過払い金が取り戻せるかもしれません。



長い期間、借りていると記憶が曖昧になり、思っていた以上に借りていた期間が長かったりし

ます。過払い金のご相談、計算は、無料なので思い当たるところがある方、一度調べてみては

いかがですか?



武富士のように倒産してしまっては、過払い金を取り戻せません。

過払い金に心当たりがあるようならなるべくお早いご相談をオススメします。





しろき法律事務所



共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。